花ちゃんのその後(4)と、しんのすけ。

腎不全と診断された花ちゃんですが、
このところ食欲も旺盛で、当初2.6㎏だった体重は3.2㎏に増えました。
通院していた頃は食欲もなく、体重がなかなか増えませんでしたが、
点滴を止めて療法食を食べるようになったら、
だんだん元気になってきました。

7月末を最後に病院へは行かなくなりました。
この日、点滴中に花ちゃんが暴れて・・・
看護師さんをまたキズつけてしまいました。(キズはたいしたことはないのよ^^)
花にとって病院は、もの凄い恐怖なんだろうナ・・と思いました。
点滴後はグッタリして、1~2日は元気がありませんし。

思い切って療法食とサプリメントで自宅療養することにしました。
それが花ちゃんの精神面?には良かったのか
日ごとに食欲は増え、体重も倍々ゲームのように増えていきました。
あと300g増やして、体重3.5㎏を目標にしたい。

どう?ぽっちゃりしてきたでしょう?
DSC00625.jpg


ティッシュのボールを追いかけて遊ぶようになりました。
DSC00632.jpg


ついでに しんのすけの写真も^^
DSC00609.jpg
アンニュイな表情で何を考えているのやら。


見事な二重あごだわね・・・。
DSC00618.jpg




★よかったらクリックお願いします。
更新の励みなっています^^。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
いつも読んで下さってありがとうございます。


レッスンでした。いつだったかのお弁当の写真。

レッスンでした。

大人のためのピアノスタディ「やさしい小曲」
DSC00572.jpg

↑この簡単楽譜、もう3回目のレッスンですが、まだ終了しません。
習得目標は「止まらずに且つ等速で弾く」です。
もう百回以上弾いていますが、止まらずに弾けません。
弾いていて難しいところなんて1つもありません。
なのに、止まらずに弾けないのです。何故に?

染みついた「癖」みたいなものかもしれません。
「あれれ?」とか「あ・・間違った」とか、都度、止まって
弾き直す癖がついてしまっている。(今更・・・)

ピアノの弾き方も性格が出ますね^^
家での練習はダラダラと、間違っては引き返しが当たり前で
「一度で最後まで弾くぞ」の気持ちが無い^^;
どこか真剣さに欠ける練習の仕方。
だれ~~っとした性格が出てしまっている。

先生から「速度を落としても良いので止まらず等速で弾く」練習を
するように言われました。
なので、家に帰ってきて、
速度記号「アレグレット」を「アダージョ」で弾いてみると、
何とか止まらずに最後まで弾けました。
次回レッスンまで、メトロノームを使って少しずつ速度を上げる練習をします。


今日はピアノレッスンだったので、
夫の夜勤用のお弁当は無しでした。

↓これは、いつだったかのお弁当。(アップしてないと思うで載せます^^)
DSC00528.jpg
<そぼろ弁当>夫用

DSC00530.jpg
私用。お皿盛りで。



★よかったらクリックお願いします。
更新の励みなっています^^。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
いつも読んで下さってありがとうございます。

小心者の私^^

どう自分の心のうちを説明すれば良いか分からないけれど・・・
過ぎてしまったことや、やってしまったことを悔やんで
半日くらいご飯も喉を通らなくなるの。(たった半日かい^^)
「ああすれば良かった。こうすれば良かった」と
後になって良い方法が見つかったりして、
なんで もう少し深く考えなかったかな・・って思う事があります。

そしてもうひとつ、
決断力が乏しくていつも迷っている。
悔やむのがイヤで始める前からあれやこれやと、
今度は深く考え過ぎて決断できない時があります。

なんかもう!どういう性格?
どっちかハッキリしろって自分でも思います^^;
結構 同じ事柄で悔やむ事が多いので
私は「学ばない」ヤツなんだと思うの。
そして「学ばない」のは「傲慢」なのよね。

私が後悔しようが、決断が遅れようが
誰に影響するわけでもないので
ご飯が喉を通らないほど思い悩むことはないだろうに・・バカみたい^^


そんなこんなだったけど
(ゴメン。何のことか分からないでしょ^^午前中にちょっとあって。)
しかし、夕飯はお腹いっぱい食べられました。
これだから体重が減らないのよね・・・^^;



すっかり秋の空。
DSC00600.jpg



昨日のお弁当
DSC00602.jpg
<チキン南蛮弁当>

その前の日のお弁当
DSC00605.jpg
<焼肉弁当>


★よかったらクリックお願いします。
更新の励みなっています^^。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
いつも読んで下さってありがとうございます。


先生と大人の生徒で食事会。

ずいぶんと前から「先生と大人の生徒で食事をしよう」と
声が上がっていたのですが、昨日、ようやく実現できました。
大人の生徒は私を含め3人の予定でしたが、一人当日ドタキャン^^され
先生と信金にお勤めの女子さんと私の3人での食事会になりました。

私が一番の年配者でした。(ピアノ教室では常に一番の年寄り^^)
信金の女子さんはスゴク若く見えるのですが、
私が「30代?」と聞くと、
ブンブンと顔を横に振りましたので^^多分40代。
先生も若く見えます。多分50代。
(お二人がこのブログの存在を知らないことを前提に書いています)

先生からお店探しを仰せつかっていたので
(先生は東京暮らしが長くて地元に暗いので^^)
小さなイタリアンのお店でディナーにしました。

<すべて拝借画像>
vQwZG.jpg
P018932908_480.jpg

9280096.jpg9280088.jpg640x640_rect_4664539.jpg

写真を撮るのは控えました。
だって、記念写真って言う訳にもいかず、
ブログを書いているのは内緒だし、私が料理の写真を撮るのも変でしょう^^;
なので止めました。

教室の外では新たな発見があるのもです^^
先生はお酒が強い。(私は下戸なので頼もしい^^)
意外だったのは、先生はスポーツウーマンだった。
信金の女子さんもスポーツ好きで、
私だけ引き籠りの運動音痴なのでした^^;

なのに・・何故か私だけが食が太くて、
出された料理だけでは足りなかったの^^
お二人は「もうお腹いっぱい」って言っていた。
私は家に帰ってきて、しばらくすると小腹が空いてしまった(恥ずかしい)

そんなこんなで、
第一回目(2回目があるかどうかは不明^^)の食事会は
とても楽しかった。

もっと大人の生徒がドンドン増えてくれたらって
勝手に思っています。



★よかったらクリックお願いします。
更新の励みなっています^^。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
いつも読んで下さってありがとうございます。


冷蔵庫を開けた途端、真っ白。

今日も夫がお休みだったのでランチに出かけました。
昨日外したランチを、別のホテルのランチバイキングで埋めました^^。

最近は何を食べても美味しいと思う私の味覚(コレも老化?)
なのに・・・所詮、田舎のホテルのバイキングだからかしら
いまいち美味しさが感じられなかった。ランチだしね、仕方ないか。
(写真は撮ったけど悪口^^を書いたので載せないでおくわ)

今日も夕飯は夫が作るって言うのでお任せして、
私はピアノ弾き放題の半日を過ごしました。
弾き放題って言ったって、ちゃんと曲になってないから
聴いている(しんのすけ、はな、夫)は耳が腐るわな・・・なんて思いながら楽しみました^^。


昨日、お客から電話があり、
「9月10月の2ヶ月間でやってほしい仕事がある」と言われました。
仕事があるのは嬉しいのだけど、少し不安でもある。
このところ、ずーーっと仕事をしていないので、
脳みそが溶けはじめている^^大丈夫かしら。対応できるかな??

先日、夕飯を作っていた時のこと。
冷蔵庫を開けた途端、
何を出そうとしたのか分からなくなって、しばし呆然。
恐い恐い・・・こんな経験をすると精神的によろしくない。
それに、こういう経験は忘れないんだよね。
いつまでも覚えていて「先が不安だわ・・」なんて思ってしまうの。

夫は「気にしないこと」「なるようになるさ」
「起きてもいない未来のことで悩まないこと」と、
真面目に取合ってくれない。


くそっ、先にボケてやる^^。



★よかったらクリックお願いします。
更新の励みなっています^^。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
いつも読んで下さってありがとうございます。

プロフィール

sinnosuke55

Author:sinnosuke55
人生の慰めにと思って始めたピアノ。思いのほかハマってしまい家族(夫と猫)の迷惑を省みず練習に励む毎日。月2回ピアノ教室に通っています。
長崎県の片田舎に在住。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

フリーエリア

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ