ミニコンサートと講演会

今日は、小雪のチラつく寒い一日でした。
その中、我が市の男女参画課の企画「女(ひと)・男(ひと)フォーラム」へ
行ってきました。
我が市の名前を冠した交響楽団のミニコンサートや
基調講演として「夢持ち続け日々精進」と題し、高田明氏の講演がありました。

交響楽団のミニコンサートはクラシックの有名曲(チャイコフスキー花のワルツ、
ブラームスのハンガリー舞曲など)数曲演奏されました。
諫早交響楽団
<ホームページより画像拝借>

前から7番目の席だったので
「あら・・指揮者が結構イケメンだわ」などと、そんなところにも目がいきました^^
楽団員さんたちは、それぞれ仕事を持ちながら
時間のない中、日々の練習に励んでいるとのことでした。
「音楽」だけで食べていくって、難しいよね。
そんな楽団員さんの背景を念頭に置き演奏を聴くと
演奏も素晴らしいものに思えました^^

そして高田明さんの講演は
最初から最後まで笑いっぱなしで1時間半がアッと言う間でした。
高田明さんは、ご存知 「ジャパネットたかた」の創業者。
今年70歳になるそうですが、TVそのままに若々しく
90分間立ったまま、ノー原稿で身振り手振りを交えてのお話でした。
社長を退いて3年、講演会は300回を超えているそうな。

私がピアノを習うきっかけになったのも
ジャパネットで電子ピアノを衝動買いしてしまったから。
あれ以来、下手くそを噛みしめながらも止められず今に至っている。

講演の内容は、いろいろためになるお話だったけど
もう忘れちゃった^^;
「人は未来ばかり見て、今を忘れがち」
「未来を変えるには今日(今)を一生懸命生きること」
簡単に言えば、こんな内容だったかしら^^。


つい将来の不安から先のことをアレコレ考えてしまう私ですが、
今現在を丁寧に生きているかと問われれば
ダラダラといい加減に生きているような気がします。



★よかったらクリックお願いします。
更新の励みなっています^^。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
いつも読んで下さってありがとうございます。

はなの元飼い主さんが。

先日、はなの元飼い主さんが
お墓参りの帰りに我が家に寄りました。
(我が家の隣には神社があり、そのちょっと先に地域の墓所がある^^;)

久々に、はなとご対面。
はなの顔を見るなり、顔が穏やかになったと言っていました。
可愛がってくれているんですね・・と。
人も動物も愛情を注ぐと変わるんですね・・とも言っていました。

たしかに そうかも。
夫が最近、はなに向かって「可愛いね~」と
ボソっと呟いたりしています。
凶暴で触る事を許さなかった はなですが、
夫が後ろから抱きあげても暴れなくなりました。

はなは 老猫なので、歩くのも時々覚束なく、
先日も、変な歩き方をしていたので老化のせいかな・・と思っていたら
そうではなくて肉球に爪の先がめり込んでいました。
慌てて病院へ行き、処置をしてもらいましたが、
老猫にはよくあることだと獣医さんが言っていました。

他にも心配ごとが・・・。
はなの体重が徐々に減ってきているのです。
半年くらい前は3.2㎏あったのですが、
今は2.9㎏まで減っています。
食欲はあってご飯を欲しがりますが、ちょっとしか食べません。
元気はありますが、持病があるので気になります。
DSC00766.jpg



しんのすけは相変わらず、こんな感じです。
DSC00824.jpg

思わず笑ってしまいます。



★よかったらクリックお願いします。
更新の励みなっています^^。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
いつも読んで下さってありがとうございます。


課題曲「湖上にて」

先週の木曜はレッスンでした。
発表会の課題曲「湖上にて」を弾いて、
先生からいろいろアドバイスを頂きました。
なにせ練習不足なので先生の前でまともに弾けるわけがない。
(いつもの言い訳です^^;)
曲は前にも紹介しましたが、楽譜はこんな感じ↓
DSC00850_201802010152201fc.jpg

この曲の作者はハインリヒ・ホフマンです。
だれ^^?
なので、ググってみましたが、あまり詳しいことは載っていなかった。
220px-Hofmann_Heinrich.png
        ↑
      ホフマンさん

1842年ベルリン生まれ。
教育者で、ピアニストで、作曲家・・・それくらい。
当時は結構売れっ子の作曲家だったらしいけど、
今日では忘れられた存在のようです。
作曲技法が革新的でないため後世の聴衆には受けなかったらしい。
(ウィキペディアより)
なるほど・・
私の友人がこの曲を聴いて
抑揚のない詰まらない曲・・と言っていた。
ギョエ~畏れ多くもそんな辛辣なことを・・・。

この曲は短くて私向きですが、綺麗に弾くのは難しい。
それに、近頃は益々暗譜が出来なくなってきた。
ピアノを始めた頃は練習していると自然に暗譜をしちゃってたけど、
還暦を過ぎてからはというもの、弾いても弾いても覚えない(涙)
私のように楽譜を見ながら弾けない人は
暗譜しないとスラスラ弾けないのよね・・困ったわ。

発表会まで、あと2ヶ月もないので
サボってばかりいないで練習をしなくては^^。



★よかったらクリックお願いします。
更新の励みなっています^^。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
いつも読んで下さってありがとうございます。

ダラダラ続けて1000記事。

少し寒さも和らいで来たかしら。
とは言ってもねぇ・・雪の多い地域は大変ですよね。


2011年からダラダラと続けている拙ブログ、
今日のこの記事で1000記事目です。
6年半の間、マメに更新した日もあれば何ヶ月も休んだり・・と
何とも気まぐれな、私らしいスタンス^^;
これと言って内容の無い拙ブログ。
日々の憂さやピアノの下手さ加減を綴ってきましたが、
ピアノも生活も、頑張らない事が長続きのコツだと
最近は思うようになりました。

頑張っても一生。頑張らなくても一生。
ならば、頑張らない方の道を歩みたい。
う~~ん・・賛同してもらえないわね^^きっと。
でも・・頑張っている人を応援する側に回りたいの。
頑張る人って天性だもの。
頑張らない人も天性^^いろんな人がいて世界は成り立っているから。

この先も、きっとこんな感じ^^;
どこまで続くか分からないけど、
あまり遠くに目標を定めず、ホンの少し先に照準を合わせて
ゆるりゆるり・・と参ります。



★よかったらクリックお願いします。
更新の励みなっています^^。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
いつも読んで下さってありがとうございます。

本の話。「あいまい生活」深沢潮著

仕事が終わってタガが外れたように^^怠け者生活になだれ込む^^;
DVDを観て、飽いたら本を読む・・を、交互に繰り返す極楽生活?
もちろん掃除、洗濯、食事など家事はちゃんとやっています。
(当たり前~~^^)


図書館には無数の本があっても
何を読んでよいか迷うことが多い。
話題の本は半年や1年待ちになることも多く、
いざ順番が回ってきて読んでも「いまいちだな~」と思う事も。
ピアノコンクールを題材にした「蜂蜜と遠雷」は
10ヶ月も待ち焦がれて読みましたが、最後まで読むのがやっとでした。
読み手のコンディションに依るのでしょうけど、
私にはイマイチでした^^;

そこで、本選びの参考にしているのが新聞の読書欄。
もちろん紹介作品全てが面白いというわけではありませんが
概ね読後感は「読んで良かった」です^^

深沢潮著「あいまい生活」は長崎新聞に紹介されていました。
シェアハウスに住む6人の貧困女子のお話。
フィクションですがフィクションとは思えないほど生々しく身につまされるお話です。
巻末の参考文献を見ると
「貧困」についての著書がずらりと並んでおり、
現実に起こっている事を題材に、フィクションの形を借りて書いているのです。
なるほど、生々しく感じるはずだと思いました。

お話の内容は割愛(興味ある方はググってね^^)

私の周り(友人たち)には貧困にあえぐ人はいない。
でも、生まれ落ちた環境とか、岐路に立った時の選択によって
誰が陥ってもおかしくない。

今、何事もなく平穏に暮らしている生活は
「偶然の成せる技」なのではと思ったりします。
この時代ではなく、この地にでもなく、この夫でもなく
この友人たちでもなく・・・
すべてが そうじゃない環境だったら
本の中の6人の貧困女子は他人事ではなく私だったかも知れない。

そんなことを思った一冊でした。



★よかったらクリックお願いします。
更新の励みなっています^^。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
いつも読んで下さってありがとうございます。


プロフィール

sinnosuke55

Author:sinnosuke55
人生の慰めにと思って始めたピアノ。思いのほかハマってしまい家族(夫と猫)の迷惑を省みず練習に励む毎日。月2回ピアノ教室に通っています。
長崎県の片田舎に在住。

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

*******

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ