63歳。お疲れさま。

DSC00879.jpg


先日、私と夫の誕生日でした(6日違い)
お互い63歳になりました。

だから?どうした^^です。
嬉しくもめでたくもありませんが^^
「63年間お疲れさま」と、お互いを労いました。

その日は夫が休みだったので久々にお出かけしました。
映画を観て食事をして帰ってきましたが、
長崎市内の繁華街に出ると、
人や車が多く街並みも我が街とは比べものにならないくらいお洒落^^;
思わずキョロキョロして、まるで山出しの田舎者さながらの二人でした(笑)

夫は「長崎市内は美人が多い」と言っていました。
長崎にお出かけする度に↑コレを言います^^
たしかに、キレイな人が多いと、私も思うわよ。
でも、我が街にもキレイな女子はいるよ。
だから、私 夫に言ったの。
「ごめんね~~あなたは毎日私ばかり見ているから美人の基準が低すぎなのよ^^」と。

夫は大笑い。

ま・・この齢になると美人か、そうじゃないかは
家庭内では問題ではない。
健康であるかどうかの方が はるかに重要のような気がする^^
(負け惜しみじゃないですよ^^)


郷里の友人からもお祝いが届きました。
ネコ好きの私に 毎年、ネコに因んだ物が送られてきます。

肉球のケーキと
DSC00868.jpg

ハイビスカスのティーバック
DSC00869.jpg

ティーバックのタグは飲み終えたあと栞として使えます。
これも私には嬉しい^^
DSC00873.jpg


この間、還暦を迎えたと思ったら、もう63歳。
このスピード感は何?
身体の動きは益々スローになっていくのに。



★よかったらクリックお願いします。
更新の励みなっています^^。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
いつも読んで下さってありがとうございます。


料理は1日にしてならず。

雨から一夜明けて風は冷たいけど、
今日は良いお天気。

久しぶりにお弁当の写真です。
DSC00768.jpg
夫の夜勤弁当

DSC00786.jpg
私のおうち弁当。

お弁当は毎回似たり寄ったりなので
写真を撮るのも何だか飽きちゃったわね~

ひところの何を食べても美味しいと感じる幸福な時は過ぎ、
最近では外食をしても美味しいと感じられず
さりとて家での自分の料理はもっと美味しくない。
何を食べても満足を得られない不幸?が続いています^^;

料理というものは「1日にしてならず」ですよね。
料理本が山のようにあっても、
ネットで簡単にレシピが検索できても
いざ美味しいものを作ろうとすると技術も知識も時間も必要。
主婦が、ちゃちゃっと作っているように見えても
それは長年の経験によるものよね。
仕事に大部分の時間を費やしてきた私には経験不足は否めない。
(今更だけど^^;)

料理好きの友人のところに訪問すると、
いつも「晩御飯、食べてく?」って聞かれます。
その言葉、なかなか口には出ないですよね。
私などは、晩御飯時まで訪問客がいると
「早く帰ればいいのに^^」って思ってしまう^^

その友人は「美味しい!と、食べてくれる顔を見るのが好き」なんだって。
料理好きの人が一様に言う言葉ですよね^^
で、そういう人のところには人が集まるのよね。
そして益々料理の腕を上げる。

私は料理が下手だけど嫌いじゃないの。
(こんなんばっかり。得意なものがないわ^^;)

こんな私に「美味しい顔」を見る日が来るかしら^^



★よかったらクリックお願いします。
更新の励みなっています^^。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
いつも読んで下さってありがとうございます。

口角を上げようとしていたら・・・。

今日も寒かった。雪もチラついた。
寒いと言っても北陸や北海道に比ぶべくもないけど
ピアノ練習をするも鍵盤が冷たくて指先から凍ってきそうだった。
暖房はつけているけど、
ピアノは窓際に置いているので暖まらない。
窓際に設置するのは良くないとは分かっているけど、
部屋は窓だらけでどこに置いても窓際になる。
おまけに古い家なので気密性が低い。
うちのピアノは最悪の環境に耐えているのよ。
ごめんねピアノ君^^私に甲斐性がないばかりに
お部屋を整備できなくて。


さて、話は変わって
今日、運転免許更新用の証明写真を撮りに行ってきました。
写真を撮る時、口角が下がり気味な私は意識して口角を上げようとしていたら
カメラマンから「あっ、無理に上げないで下さい。シワになりますから」
と、言われた~~\(◎o◎)/!
少しでもマシに写ろうと思った私が浅はかだったのね^^

出来上がった写真は「こ、これが私?」と、
私が思う以上に不細工な婆ぁに写っていた。
写真はウソつかない(涙)
おまけに夫は「亡くなったお袋みたいだ」と言うし、
姑は88歳だったのよ。どんだけ私が老けて見えるのよ。

どう言われたって仕方がないか。努力を怠っているから^^
でもさ・・老けて見えるってDNAだと思うわよ。
私の実家の母も老けて見えていたもの。
姿勢も前かがみだし、今の私は母そっくり~~

だから・・何?
と言う今日の記事でした^^。



★よかったらクリックお願いします。
更新の励みなっています^^。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
いつも読んで下さってありがとうございます。


姑の喪中だったことを忘れて・・・。

昨年の暮れ、年賀状を作成する段になって
友人と年賀状の件について話しをしていた時、
「あなた、喪中じゃなかったけ?」と言われて
あーーッ!!と、初めて自分が喪中であることに気づいた。

そうだった・・・・。
昨年3月に姑が逝ったんだった。
なんと薄情な嫁か。
同居してなかったとはいえ、
こうもすっかり忘れてしまうとは・・・。

喪中ハガキを出すのを忘れたので
メールで済むところは年始の挨拶を失礼する旨を送ましたが、
それ以外の人は姑が亡くなったことさえ知らないので
そのまま年賀状を出しました^^。
忘れるくらいだから私の気持ちの中では喪は明けている・・?

だってね・・・夫だって忘れていたんですよ。
自分の母親なのに。
ま・・それでも忘れてしまうなんて
私って、ホントに薄情だわね・・・。
嫁姑の諍いみたいなものは皆無だったので
姑への恨みも無ければ関心も薄いのかも・・
イヤイヤそれにしても忘れたらダメでしょ(と、自分に突っ込む^^;)

姑と同居の友人の話を聞くと
どんなに良いお姑さんでも同居していると
他人と一緒に暮らしているような遠慮があって
ホッと落ち着ける場所がないと言っていました。

たしかに、そうかもね~
でも、姑に添った人は、きっとどんな人とでも
うまくやっていけるチカラが付くかも知れませんね。



★よかったらクリックお願いします。
更新の励みなっています^^。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
いつも読んで下さってありがとうございます。

レッスンでした。友人と閑談。

言葉を忘れたか・・と思うほど更新が億劫になっています^^;
前回の更新の後、また仕事を頼まれたので仕事はしましたが、
更新ができないほど忙しい日々を送っていたわけではないんですけどね。
ま・・いつもの怠け癖^^です。

今日はレッスンでした。
そして、3日後はクリスマスコンサート(於先生宅)です。
もう、全然練習をしてない~~どうしましょ^^
今日のレッスンでも まともに弾けなかったの。
私お得意の「ありのままで勝負します」と先生に言いました。
「ありのままで勝負」←コレとても便利な言葉。
練習不足を正当化する言い訳だけど、何となく立派に聞こえるでしょ^^。
でも所詮 練習不足で弾けなくて恥をかくのは自分自身^^;
この期に及んでだけど・・あと2日あるので練習します。
(私の人生、いつもこんな感じ。この期に及んでばかり^^;)


レッスンの帰りにお弁当(自然食の)を受け取りに友人宅に寄ったら、
そこに友人の友人もいて少し閑談^^
その友人の友人(ややこしい^^)が言うには、
「自分の人生、もうやり残したことはない。もし自分の事が自分で出来なくなったら、最後の決断は自分でする」と。
「でも、尊厳死を認めてない日本では自分で決められないのでは?」と私が問うと、
「食を断つ」と言う言葉が返ってきた。
それもごく自然に にこやかに語るその友人の友人。

ホントに そんなことが出来るだろうか。
ご飯を食べないなんて・・・
私は認知症になっても御飯だけには執着しそう^^
その友人の友人は「出来るわよ」と軽く言ってのけたが
そこには強い意志が感じられた。

この国は生命尊厳の国。
どんなに老いさらばえても死なせてはくれない。
最後の欲望とも言える「食欲」を克服するのは
ある意味、それは尊厳死にも似た行為と言えるかもしれない。

何だか、閑談にしては重い話になってしまったけど、
「食を断つ」なんて考えた事もなかったので、
目からうろこ・・・・いやいや、こんな場合、目からうろことは言わないかな^^
その友人の友人の年齢は75歳。
颯爽と車を走らせ帰っていきました。
食を断つのは、ずっと先のようだ・・と、車を見送りながら思ったのでした^^。



★よかったらクリックお願いします。
更新の励みなっています^^。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
いつも読んで下さってありがとうございます。


プロフィール

sinnosuke55

Author:sinnosuke55
人生の慰めにと思って始めたピアノ。思いのほかハマってしまい家族(夫と猫)の迷惑を省みず練習に励む毎日。月2回ピアノ教室に通っています。
長崎県の片田舎に在住。

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

*******

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ