花ちゃんの腎不全、その後。

腎不全と診断され、皮下点滴を初めて4ヶ月が過ぎました。
最初、病院で検査した時、
BUN(尿素窒素)の値が99.3あったのが、
先週の検査では57.8まで下がっていました。
それでも正常値の2倍はあるので安心はできませんが
本人(猫)は至って元気にしています。
DSC00174.jpg
(脱臼しそうなポーズで寝ている花ちゃん)

花ちゃんは食が細い上に好き嫌いも激しく、
特に療法食は食べてくれません。
ネットであれこれ探したもの↓
DSC00188.jpg
(送料無料につられ、つい沢山買ってしまって^^)

先生が勧めてくれたもの↓
DSC00187.jpg

これら・・ほとんど食べてくれません(トホホ)


一般食のシニア猫用フードなどもアレコレ試しましたが
少しは食べてくれるけど、飽きるのか食欲がないのか、すぐ食べなくなります。
一般食はリンやタンパク質の量が多く含まれていて腎臓に負担がかかるので
あまり食べさせたくないのだけど、
何も食べさせないわけにはいかないし・・悩みの種です。

そんな話を先生にしたら、コレを勧めてくれました↓
DSC00186.jpg

リンや毒素(窒素代謝物)などを吸着して体外へ出してくれる猫用サプリメントだそうです。
一般食に混ぜて食べさせています。
しばらく使って、その後検査をして効果のほどを確かめたいと思います。


腎不全と診断されて一時は、どうなることかと心配したけど
今は元気で、外へも行きたがります。
この調子で機嫌よく暮らしてくれたら・・と思います。



★よかったらポチッとお願いします。
更新の励みなっています^^。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
いつも読んで下さってありがとうございます。

スポンサーサイト

コメント

No title

花ちゃん、よくなるといいですね。
私も以前、野良ネコを保護して飼っていたことがあります。
ご飯を食べなくなったので獣医に連れていったところ、同じく腎臓が悪いことがわかりました。
長毛の猫にはよくあることで、毛玉が体内にたまりやすく濾過出来なくなってしまうそうです。
数値が悪かったのですが、先生の話では同じくらいの数値で治療したら助かった猫もいたとのことだったので、治療を受けることにしました。
まだ4歳くらいの猫だったので何としても助けてあげたかったのです。
が、結局、死んでしまいました。
そしてこの話を猫を飼っている友人に話したところ、思いもよらない一言を浴びせられました。
「よその国では食べられなくて餓死している子供が大勢いるのに、野良ネコにそんな治療をしたらバチが当たる」

何様?と思いましたよ(笑)

Re: No title

hanako77さん

花は延命治療でしかないのですが、
その日がくるまで機嫌よく暮らしてくれたらナと思います。
私の友人も反対の意味で罰が当たると言った人がいました。
その彼女はずっと昔(半世紀以上も前^^)子猫が生まれると
遺棄していたと言うのです。
今思えば、そんなことが良くできたナと・・罰が当たるわね
と、言っていました。

感じ方はそれぞれですね^^;
Secret

プロフィール

sinnosuke55

Author:sinnosuke55
人生の慰めにと思って始めたピアノ。思いのほかハマってしまい家族(夫と猫)の迷惑を省みず練習に励む毎日。月2回ピアノ教室に通っています。
長崎県の片田舎に在住。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

*******

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ