ピアノ熱、激下がりの日々。

不定愁訴のような私のピアノ熱激下がり症候群。
ピアノの鍵盤を横目で見ながら、何となく気分が乗らない。
始めは何となく・・だったのが、だんだんとピアノの前に座らなくなり
気付いたら今日で1週間くらい練習していないのよ。

頼まれた仕事で時間をとられていたこともあるけど、
それにしても、こんなに長いことピアノの蓋を開けないのは久しぶり。
(前にもあったんかい^^;)

たまに訪れるのよね~この激下がり症候群は。
発表会前の激熱の時期の後に、どうも来るみたい^^;
まぁね・・上がったら下がるのが摂理と言うものよね^^。
10年もやっていれば、そんな時もある。
「上手になりたい」がエネルギーとなって練習にも実が入るものだけど
私はちっとも上手にならないので、たまにガス欠になってしまうのよ。

この先も「上手」は望めないと思うけど(暗)
ゆるゆるとピアノを続けていくのかな・・・なんて思う今日この頃。
でもさ、続けていくには「ピアノ愛」が必要よね。
燃え上がるような「ピアノ愛」はもうないけれど、
静かに淡々と、たまには上がったり下がったりしながらも
「愛」を注いでいきたいと思いますわ^^。


★よかったらポチッとお願いします。
更新の励みなっています^^。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
いつも読んで下さってありがとうございます。

スポンサーサイト

コメント

そういう時もありますね。
うしろめたいし、敗北感も湧いて。
なんとか自分をあやしてまた頑張るの
ですが(笑)

No title

気が向かない時はちょっとお休みしてもいいのではないですか。
仕事じゃないんだし、あくまでも趣味なんですもの。

私も全然弾かない日もありますよ。
それより眠い~~とか、ぼ~~~っとしてたい、とかしょうもない理由で。

ずっとハイテンションで頑張るのは若い時はいいけど、もうそんな年じゃないし…って思ってます。

ピアノを楽しむ、それが1番だから、気が向かない時は他のことして楽しんでいいと思います。
きっとずっと弾かない、とはならないと思いますよ、shinnnosuke55さんも私も^^

Re: タイトルなし

横須賀さん

怠惰な自分に嫌気がさす時もあります^^;
この齢になると、ゆるゆるとやっていくのが
長続きのコツのように思います。

Re: No title

まんまるさん

ぼ~~っとするのも良いね^^
しばらく発表会もないし、気の向くままやります。
あまり練習をしないでレッスンに行くと
先生に申し訳ないような気がしますが、
その気にならないものはならないから仕方ないよね。
齢と共にドンドンゆるくなっていく自分が少々恐いです^^;
Secret

プロフィール

sinnosuke55

Author:sinnosuke55
人生の慰めにと思って始めたピアノ。思いのほかハマってしまい家族(夫と猫)の迷惑を省みず練習に励む毎日。月2回ピアノ教室に通っています。
長崎県の片田舎に在住。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

*******

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ