「羊と鋼の森」

宮下奈都著「羊と鋼の森」を読みました。
友人が「ピアノの話みたいだから読んでみたら」と薦めてくれたので
図書館に予約を入れ、半年以上待ちました。

DSC07442.jpg

読み終わって・・・残念ながら、
半年も待つほど面白い本とは思えなかった(ごめんなさい^^)

ピアノ調律師として青年が成長していくお話。
「羊と鋼の森」とはピアノのこと。
「ピアノの蓋を開けると、秋の夜の森の匂いがした」等
全体に、とても感覚的な表現で語られているので、
老いて鈍くなった私の感性には、ちょっと物足りない感じがしました。
盛り上がりも盛り下がりもなく淡々とお話は進み、
あっと言う間に読み終えました。

宮下奈都さんの作品を、他に3冊読みましたが、
読み終えたら、すぐに忘れてしまうようなライトな感覚のお話でした。
ドロドロと複雑に絡み合う人間模様に
読みごたえを感じてしまう昭和真ん中世代には
いまひとつ向かないような気がします。(私だけかも知れませんけど^^)


ようやく涼しくなってきました。
読書には気持ちのいい季節ですね。
このところ、コレは面白いっていう本に出会っていない。
本の探し方が下手なのかしら?
それとも年齢のせいで何を読んでも、感動しなくなったのかしら^^;
こうなったら、世界文学全集でも読んだ方が良いのかもしれないわ。


★よかったらポチッとお願いします。
毎日更新の励みなっています^^。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
いつも読んで下さってありがとうございます。

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

sinnosuke55

Author:sinnosuke55
人生の慰めにと思って始めたピアノ。思いのほかハマってしまい家族(夫と猫)の迷惑を省みず練習に励む毎日。月2回ピアノ教室に通っています。
長崎県の片田舎に在住。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

フリーエリア

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ