小説・土佐堀川(広岡浅子の生涯)

今日も暑かった^^。
今年の冬の予想は暖冬との事ですが、
そうであれば、暖房費が節約できてありがたい。

ボチボチと焦らずに仕事をしようと思っているのですが
やり始めたら、終わらせないと落ち着かない。
なので、つい休まずに働いてしまいます。

今日は、思い切って仕事をひと休みし、本を1冊読みました。
「小説・土佐堀川」古川智映子著。
朝の連ドラ「あさが来た」の原作本です。

連ドラが面白いので原作も面白いかと思ったのですが、
ヒロイン浅子の生涯を足早やに書いてあるだけなので
あっと言う間に読み終わってしまいました。
朝ドラが面白いのは脚本家の腕がいいのでしょうネ^^。

江戸から明治への激動期に活躍した女性実業家のお話です。
両替商から炭鉱経営、銀行、女子大設立、生保と
次々と事業を展開し、晩年は女子教育、人材育成に力を注ぎます。
そこに集った「女性解放」の女子(市川房枝氏、井上秀氏など)たちが、
その後の男女平等社会の礎を築きます。

また政財界との交流も幅広く
大隈重信、伊藤博文、渋沢栄一など多数。
幕末・維新の時代も現代も、政界と財界の関係構図は変わらない様です。
人脈に恵まれた三井の出とは言え、
女性蔑視の時代に男性社会の中で渡り合うには相当な手腕が求められたはず。

朝ドラをほとんど見ない私ですが、今回はハマっています。
この先も、波乱万丈の浅子の人生が描かれ、面白くなっていくでしょう^^。
(まるで回し者みたい^^;)

今日はお天気も良くて、
気分転換にお出かけするか、読書か迷ったけど結局、読書。
このところ本を全く読む時間がなかったので、心が欲しました^^。
しかし、インドアにばかり堕ちていると精神的によろしくない。

次の休みにはお出かけしよう^^v



★よかったらポチッとしてやって下さい。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
いつも読んで下さってありがとうございます。

スポンサーサイト

コメント

No title

こんばんわ
朝ドラ あさが来た 私も 毎朝楽しみにしてます
歴史ものはいまいちですが
近代史は興味あって あさ が

三井系の人なんてことだけでも 日本の中枢にいた人ひとだと思うだけで 
<私のまわりには 中枢にいる人とは全く縁がないので>興味津々になってしまいます
学校では ほとんど 教えてくれないですものね

お仕事 今までと同じようにやると 具合悪くなってしまいますよー!
v-284

Re: No title

むむさん

視聴率の良かった「あまちゃん」さえ見てない私ですが
今回はハマって見ています。

原作本は読み物としては今ひとつでしたが、
TVは脚本家が良いのか面白いですネ。

何だか具合が悪くなりそうな予感がしています^^;
仕事が好きなのか、つい夢中になってやってしまいます。
(好きだったら病気にはならないか・・・・)
Secret

プロフィール

sinnosuke55

Author:sinnosuke55
人生の慰めにと思って始めたピアノ。思いのほかハマってしまい家族(夫と猫)の迷惑を省みず練習に励む毎日。月2回ピアノ教室に通っています。
長崎県の片田舎に在住。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

フリーエリア

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ