花摘む夫

サービス業の夫は平日に仕事が休みのことが多い。
昨日も休みだったので床屋に行くと言って出かけたのだが
何時間たっても帰ってこないので、どうかしたかと思っていたところ
両手いっぱいにコスモスやら野の花を(←私は花の名前が分からない)
抱えて帰ってきた。

この季節、秋の野の花々が盛りで
山道や谷あいの道に沢山咲いているらしい。

・・・が、しかし、
この花、私に摘んできた訳ではない。^^;

野の花-1

写真の撮り方、下手。

野の花-2


もみじ

夫は小さな街の小さなホテル(客室は100室くらい)のホテルマン。
宿泊客に手作りで何かサービスをしよう。ということになり
豪華な花などではなく、季節の野の花で「押し花」を作って部屋におく。
ということになったらしく、夫が野の花の収集を
仰せつかったらしい(田舎に住んでるから)

何ともアットホームで経済的な、ささやかなサービス。
お客の目に留まらないようなサービスかも知れないが、
宿泊客に喜んでもらえればと、心をくだくホテルマンたちの思いこそが
一番のサービスなのではないかと思ったのでした^^。


昨日はお天気も良く、抜けるような秋空の下で
夫が花を摘む姿を想像して思わず笑ってしまったが
宿泊した方が少しでも“ほっ”と季節を感じてくれたら
夫はうれしいに違いない。

よかったら、
ポチッとよろしくです。
  ↓
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

素敵!

素敵な心づくしですね。
お客さまへも必ず伝わると思いますよ。
「サービス」ではなく、こういった自然な心遣いのある
ホテルに泊まると ほっ と出来ますよね。

素敵な秋の写真をありがとうございました(^-^)

Re: 素敵!

piano-classさん
おはようございます。

ありがとうございます。
そんなふうに言っていただけると夫も
さぞうれしいと思います。

田舎暮らしの良さは季節を満喫できることくらい。
(写真が下手で・・)


Secret

プロフィール

sinnosuke55

Author:sinnosuke55
人生の慰めにと思って始めたピアノ。思いのほかハマってしまい家族(夫と猫)の迷惑を省みず練習に励む毎日。月2回ピアノ教室に通っています。
長崎県の片田舎に在住。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

*******

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ