レッスンでした。

本年最初のレッスン。

・コクトーのピアノメトード(指の練習)
・ギロック「秋のスケッチ」ようやく終了したワ。
・連弾「ジュ・ド・ヴ」練習

連弾曲「ジュ・ド・ヴ」は、ほとんど練習をしていないので
またもや弾けませんでした。
いつも穏やかな先生ですが、私があまりにも弾けないので
今日は、少々イラっとさせてしまいました。
先生の表情が変わると、レッスンに緊張感が出でます。
次回はしっかり練習してこよう・・・と反省したのでしたぁ^^。

発表会のソロ曲を「秋のスケッチ」はどうかしら?って
先生がおっしゃるのですが、発表会は3月末なんですよね^^;
春なのに秋の曲は、どうかな~~とか言いながら
ソロを辞退しようと言う魂胆なのですワ^^v(デヘヘ)

発表会ではリズム楽器を皆で演奏するんですって。
今日、私の楽器が決まりました。
トライアングルです~~~^^;
先生手作りのトライアングル用の楽譜も渡されました。
トライアングル・・・半世紀ぶりに触りましたよ~~
曲は「フニクリ・フニクラ」です。

リズム感の悪い私なのに大丈夫かしら・・・。
子どもたちに交じってボケをやってしまいそうだわ。

今の先生、発表会を盛り上げるのがお好きなようで、
楽しんでやっているようです。

3月なんて、あっと言う間に来てしまいますよネ・・・。


よかったら
ポチッとよろしくです。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

No title

レッスンお疲れさまでした~。
「秋のスケッチ」合格おめでとうございます。
発表会、いいじゃないですか。今合格ってところまで弾けてるんですし。
期限があってそこに向かってさらに仕上げるってとてもレベルアップにはいいと思いますよ。
日頃から上達したいというお気持ちがはっきりされてますし。

春に秋の曲、上等ですよ~。
私も今年の発表会、真夏なのに冬の曲にしたんですから!(エッヘン)

知ってる方に教えてもらったんですけど吉田兼好の徒然草にこんな一節があるそうです。

現代語訳
『芸能を身につけようとする人は、「良くできないような時期には、なまじっか人に知られまい。内々で、よく習得してから、人前に出て行くようなことこそ、誠に奥ゆかしいことだろう」と、いつも言うようであるが、このように言う人は、一芸も習得することが出来ない。まだまったくの未熟なうちから、上手の中にまじって、けなされても笑われても恥ずかしいと思わずに、平然と押しとおして稽古に励む人は、生まれついてその天分がなくても、稽古の道にとどこおおらず、勝手気ままにしないで、年月を過ごせば、芸は達者であっても芸道に励まない人よりは、最後には上手と言われる芸位に達して、人望も十分にそなわり、人に認められて、比類のない名声を得ることである。』


これを読んでちょっと勇気がわいてきたんですよ。
毎年直前になるといやだなあと思うんですけど発表会
までの練習で得るものは大きいですし、どMじゃないかと自分でも思うんですが頑張ろうと思います^^

Re: No title

まんまるさん

そうですよね、先生も秋の曲を春に弾いても全然問題ないって言いますが
それを理由に何とかソロを弾かないで済まそうとしている私です。
発表会が終わるまでは新しい曲に進まないので
秋のスケッチを弾き続けることになると思います。
止まったり、間違ったりがあまりにも多いので神経系の病気かしら?なんて
思ってしまいます^^;集中力欠如とか・・・認知症の初期とか・・^^
(おっと、またマイナス思考になってる^^;)

徒然草のこの一文、有名なんですネ
私も知っていました。随分前に拙ブログでもチラッと紹介しました。
確かに兼好さんのおっしゃる通りよね~~
ひたすら、精進精進。頑張るワ^^v
Secret

プロフィール

sinnosuke55

Author:sinnosuke55
人生の慰めにと思って始めたピアノ。思いのほかハマってしまい家族(夫と猫)の迷惑を省みず練習に励む毎日。月2回ピアノ教室に通っています。
長崎県の片田舎に在住。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

フリーエリア

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ