やさしくわかる楽典

今日は雨。花散らしの雨です。
時折の強い風に吹かれて桜の花びらが
我が家の庭に舞い落ちてきます。

図書館で借りてきた「やさしくわかる楽典」というのを
読んでいるのですが面白い。

《日本人は3拍子の概念を持っていなかった》らしい。
詳しい内容は省きますが
江戸時代まで日本の音楽に3拍子は稀だったそうな・・・

ふ~~~ん・・・

私が3拍子の曲を弾けないのは先祖がえり?かしら
・・などと、なにかと苦手な理由を探す^^;


休符の重要性についても書かれています。

私はレッスンの時に先生によく言われていたのが「休符をキチンと弾くこと」です。
休符を弾く??って変ですけど
ようするにキチンと「音を出さない間(マ)」も大切にしましょうと
言う事だと思いますが、コレが意外に出来ないのです。
休符なのに前の音(鍵盤)に指が乗ったまま次の音を続けて弾いてしまう。
こんなのが度々あって先生から「はい、指あげてッ」って 
よく言われていました^^;


それから、こんなのも紹介されていました。
ジョン・ケージの「4分33秒」
この作品の楽譜は《休止》と指示があるだけだそうです。
1楽章から3楽章まで全部《休止》だそうです。
そんな音楽があるの?って感じですがユーチューブで探したら結構ありました。
私が知らなかっただけで有名なのかしらね~

オーケストラによる演奏????です。

いくら休符が音楽に重要だからって、こんなのあり??
オーケストラも観客も皆お芝居をしてふざけているのかしらって思いましたが、
どーも大真面目のようです。

なんか笑ってしまいましたが
でも、この楽譜なら私も弾ける?かしら^^;


よかったら
ポチッとよろしくです。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

No title

青島 広志氏の著書っすね。
ちょうど今僕も、氏の「究極の楽典」を図書館で借りて読んでいるところです。説明がきちんとしてて、なかなかよいです。


「名演奏」を聴かせていただき、ありがとうございます!

これなら、僕でも・・・(笑)

Re: No title

ギャンPさん

そうです。青島 広志さん著です^^。
一緒に借りてきた吉松隆さん著の「『運命』はなぜハ長調で扉を叩くのか」
というのも興味深く読んでいます。
理論が苦手なド素人の私にもよく理解できます。

「4分33秒」これなら私も名演奏?
Secret

プロフィール

sinnosuke55

Author:sinnosuke55
人生の慰めにと思って始めたピアノ。思いのほかハマってしまい家族(夫と猫)の迷惑を省みず練習に励む毎日。月2回ピアノ教室に通っています。
長崎県の片田舎に在住。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

フリーエリア

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ