「韓国ドラマ」

今朝は、春雷で目が覚めました。
何だか生ぬるい雨の朝です。

先日、時間が空いたので1日中ピアノを弾いた次の日から
右手指が痛くなったのでピアノ練習時間を減らしています。
(親指を内側に曲げると付け根がズキッと痛い

少し時間に余裕ができたので
久しぶりに韓国ドラマ「均成館スキャンダル」を観ました。

このドラマ、一応は時代劇です。
タイトルはチャライ感じですし、若者向けのドラマみたいだし
つまんないかなって思ってましたが、意外に面白かったです。

友情あり、忠義あり、陰謀ありの韓国ドラマならでは面白さがありました。
なのよりも、「ほう~~」って感心するのは
随所に孔子の言葉が出てくること。
人生に迷った時に役立ちそうな名言が沢山散りばめられていました。

韓国の時代劇を観てると、かなり厳しい身分制度と
女性の立場が低いことを感じます。
まぁ、日本もかつては そうだったので文化の違いはあまり感じません。

このドラマは、学問が「男子」にしか許されていなかった時代に
学問を志す「女子」のお話が軽快なタッチで描かれています。
どんなに学んでも女子が志(参政)を遂げることが出来なかった時代。
それを求める事は「死」を意味し、女子にとって学問は命がけ。

現代の男女共同参画の時代には考えられないことですが、
日本も、大正デモクラシーの時代を経て
戦後ようやく婦人が選挙権を得た時代があっただけに
社会的背景はよく似ているのかな?


このドラマ、うわつらだけを見れば、ただの恋愛ドラマにしか
見えないかもしれませんが時代背景を読み取れば
なかなか見応えのあるものになります。
孔子の言葉も、改めて現代に蘇る「金言」のように思いました。

・ ・と言うことで
手指が痛いお陰?で韓国ドラマを堪能しました。
やっぱ、韓国ドラマは時代劇に限る
(そんな事ない!って思う方、ゴメンなさ~い)

よかったら、
ポチッとよろしくです。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

NO TITLE

こんにちは~。またおじゃましてます。
実は、アジアだけが男尊女卑って思いがちですけれど、男女平等の国ってほとんどないと思いますよ。いまだに。。。
イギリスにいた時も、大学職員(頭脳さえあれば稼げそうな場所)でも男性教員の方が女性教員の平均給与が高いと問題だったし、北欧も女性進出が進んでいると言われていますけれど、国の育児制度等で女性の産後の復帰がしやすいというだけで、そうでもないと言われました。どこの国でもこれからの課題だと思います。
いずれにせよ、昔の優秀な女性は本当に辛かっただろうなと思います。今は、男性の2倍の努力をすれば、何とか道は開けますからね・・・。

NO TITLE

韓流ドラマをちゃんとみたことがないんですけど、たまに偶然夜遅くやってるのを見たりします。

現代劇は見ませんけど、時代劇は面白いですね、たしかに。
若い人が見たら勉強になるかなという内容だったりして。

私は昨日、モックン主演の「運命の人」を見ました。(山崎豊子原作)
沖縄についてとっても考えさせられるいいドラマでした。
原作とちょっと変えてあるところはありましたがよかったです。

チャラいドラマも多くてあまり見る気になりませんが、こういうドラマは重くて笑うシーンはありませんが、面白いなと思います。

Re: NO TITLE

lakmeさん

そうですね。男女格差は世界的にも、まだまだありますね。
男女不平等は全世界で2000年近く当たり前のように続いてきましたから
直ぐには変えられないのでしょうけど(宗教観からくるものもありますし)
男女問わず努力が報われる社会であってほしいものです。

Re: NO TITLE

まんまるお月さん

私も友人に薦められるまでは「韓国ドラマぁ?面白いの?」って言ってました。
しかし、時代劇を観てからハマってしまいました。

山崎豊子さんの小説は重いものが多いですね。
分厚くて読むのに根気がいります(歳なので根性なしになって^^;)

ドラマは嫌いではないですが、TVを見ないので
もっぱら良いドラマは後でDVDで見るようにしてます。
「運命の人」は原作で読んでみたいです。
Secret

プロフィール

sinnosuke55

Author:sinnosuke55
人生の慰めにと思って始めたピアノ。思いのほかハマってしまい家族(夫と猫)の迷惑を省みず練習に励む毎日。月2回ピアノ教室に通っています。
長崎県の片田舎に在住。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

フリーエリア

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ