FC2ブログ

嫁と小姑(私と義妹)

昨日、夫の上の妹が来ました。
夫には妹が二人。
下の妹は私を「お義姉さん」と呼んで、よく電話もくれる。可愛い^^
しかし、上の妹は「○○さん」と私を名前で呼んでいた。可愛くない^^
姑と一緒に暮らしていた頃、
里帰りしてきた上の妹が、私に「○○さん、お茶!」と、
まるで家政婦の様な扱いだった。
(「お茶をお願いします」なら、まだ許せる^^)
その時から彼女は、私の天敵になったのだ^^;
嫁と小姑のよくあるパターンである。

その頃、義妹は商売が成功して
ちょっと傲慢になっていたのだと思う。
うちの夫はプーだったので、姑(故人)に何もしてあげられなかったけど、
義妹は羽振りも良かったので、姑(義妹には実母)に良くしてくれた。

そして、「兄が働かないのは、あなたのせい」と、よくなじられた^^
まぁ、兄可愛さの言動だろうけど、
何でそうなるのさ、その論法がよく分からん(未だに理解不能^^)
まるで昔の朝ドラを地で行くような、嫁小姑戦争だった。
その後、仕事の都合で姑との同居解消をきっかけに、
義妹とはまったく行き来は無くなりました。

それから数十年、
義妹は商売に行き詰まり倒産。
4年前にガンになり、闘病生活。
今も数ヶ月に一度検査に行っています。

2年前の姑の通夜の日、私たちは数十年ぶりに語り合いました。
30代だった二人は、60代になり、
義妹も私も、その間いろんな経験をしてきました。
話をしているうちに、少しずつ氷が解けるように
互いの気持ちが伝わったように思えました。

それから時々、義妹は我が家を訪ねてくるようになりました。
義妹は、病気を抱えながらも畑を借りて無農薬野菜を作ったりと、
私と違って、結構アクティブに生活を楽しんでいます。

昨日は、かぼちゃを収穫したのでと、持ってきてくれたのです。
義妹手作りの「きゅうりの粕漬け」「らっきょの蜂蜜酢漬け」も貰いました。
DSC01290.jpg

これがまた、すごく美味しくて
料理上手だということが分かりました。

自然に親しむような義妹ではないと思っていましたが、
(お金儲け一筋だと思っていたから^^;)
病気をしてから、ガラリと人生観が変わったらしい。

引き籠りがちの私に、
「次の収穫には一緒に畑に行きましょう」と誘われました^^

いつの間にか私を
「○○義姉さん」と呼ぶようになっていました。



★よかったらクリックお願いします。
更新の励みなっています^^。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
いつも読んで下さってありがとうございます。

スポンサーサイト

コメント

No title

素敵ですね。

天敵だと思っていた義妹さんと年月を経て、分かり合える間柄になったなんて。
3人きょうだいの真ん中さんなんですよね。義妹さんは。
なかなかに我が強いってことはあったかもしれませんね。
下の妹さんは末っ子だから甘え上手なんですよね、きっと。

変われない人もいるけど、変われる人もいますよね。
自分も意固地にはなりたくないなあ、いつまでも柔らかい頭でいたいなと思います。

自分と違う価値観の人を受け入れられるかどうか…って大きいですね。

若い時は私も自分だったらこうなのに、どうしてこの人はそうじゃないの!って腹を立てていたように思います。
今はそういうのがかなり少なくなって、腹を立てることもなくなり精神的には楽になれたように思います。

Re: No title

まんまるさん

いえいえ、まだ分かり合えるまではいってないと思いますが、
行き来するようになった事が奇跡^^のようです。
30年経てば人も変わるものなのね。
私も自分では気づかないけど変わったんだと思います。
金輪際、義妹とは口を利くまい・・と思っていたのに
笑いながら話が出来るようになるなんて、年月の成せる技かしらね~
齢を取ると大抵のことは赦せるようになるしね^^v

余談ですが、夫は5人兄弟^^
義兄は交通事故で亡くなりましたが、義姉が大阪の高槻に居ます。
私が嫁にきた時は、すでに夫以外は女ばかりでした。
何かの祟り^^かしら~~
Secret

プロフィール

sinnosuke55

Author:sinnosuke55
人生の慰めにと思って始めたピアノ。思いのほかハマってしまい家族(夫と猫)の迷惑を省みず練習に励む毎日。月2回ピアノ教室に通っています。
長崎県の片田舎に在住。

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ