レッスンでした。

ショパン・ワルツイ短調、あまりの弾けなさに先生も驚くほど^^でした。
ピアノの前でガックリと肩を落とす私に先生は、
「今弾ける範囲で頑張りましょう。今は思うように弾けなくても次のステップに繋がると思ってあまり落ち込まないように」と励ましてくれました。

いつも言っていますが、
練習量に上達が伴わない私のピアノです(涙)
その点についても先生は練習の仕方が間違っているのかも・・・と。

たしかに・・・。そうかも(涙)
間違ったことを何千回繰り返したところで正しくはならないものよね・・・。

時々・・夢想することがある。
もし私が小さな子供で、
ピアノ弾きの知識がある家族がいて手取り足取り教えてくれたら
こんなに練習好きな私だものメキメキ上達するのではないかしらって^^。

才能の無さを練習で補うことは厭わないのに・・
その練習が間違っているとなると悲しいものがあるわよね^^;
ピアノを止めようと思う時もあるけど、深みにハマり過ぎて抜け出せないし^^
困ったものだわ・・・。


レッスンから暗い気持ちで帰ってきて、
お茶を飲みながら先生から頂いた発表会のプログラムを眺めてみる。
いつものことながら大人は私ひとり(寂しい)
そして、演奏の順番は最後。
ま・・・最初に弾くよりはマシかなと、思っています^^;

しばらくの間、お茶のおかわりをしながらボーッとしていましたが、
やっぱり練習しようと思い、ピアノに向かいました。
今日のレッスンのおさらいをしている内に
だんだん気持ちが前向きになってきて、先生の仰ったように、
いま自分が出来る範囲のチカラで頑張ろうという気になってきました^^。
もとより下手くそなピアノだもの。何もそう落ち込むことは無いわ。
(下手くそは無敵なのだ!)

発表会まで、あと10日。
頑張るゾ!



★よかったらポチッとお願いします。
更新の励みなっています^^。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
いつも読んで下さってありがとうございます。

スポンサーサイト

プロフィール

sinnosuke55

Author:sinnosuke55
人生の慰めにと思って始めたピアノ。思いのほかハマってしまい家族(夫と猫)の迷惑を省みず練習に励む毎日。月2回ピアノ教室に通っています。
長崎県の片田舎に在住。

カレンダー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

フリーエリア

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ