FC2ブログ

嫁と小姑(私と義妹)

昨日、夫の上の妹が来ました。
夫には妹が二人。
下の妹は私を「お義姉さん」と呼んで、よく電話もくれる。可愛い^^
しかし、上の妹は「○○さん」と私を名前で呼んでいた。可愛くない^^
姑と一緒に暮らしていた頃、
里帰りしてきた上の妹が、私に「○○さん、お茶!」と、
まるで家政婦の様な扱いだった。
(「お茶をお願いします」なら、まだ許せる^^)
その時から彼女は、私の天敵になったのだ^^;
嫁と小姑のよくあるパターンである。

その頃、義妹は商売が成功して
ちょっと傲慢になっていたのだと思う。
うちの夫はプーだったので、姑(故人)に何もしてあげられなかったけど、
義妹は羽振りも良かったので、姑(義妹には実母)に良くしてくれた。

そして、「兄が働かないのは、あなたのせい」と、よくなじられた^^
まぁ、兄可愛さの言動だろうけど、
何でそうなるのさ、その論法がよく分からん(未だに理解不能^^)
まるで昔の朝ドラを地で行くような、嫁小姑戦争だった。
その後、仕事の都合で姑との同居解消をきっかけに、
義妹とはまったく行き来は無くなりました。

それから数十年、
義妹は商売に行き詰まり倒産。
4年前にガンになり、闘病生活。
今も数ヶ月に一度検査に行っています。

2年前の姑の通夜の日、私たちは数十年ぶりに語り合いました。
30代だった二人は、60代になり、
義妹も私も、その間いろんな経験をしてきました。
話をしているうちに、少しずつ氷が解けるように
互いの気持ちが伝わったように思えました。

それから時々、義妹は我が家を訪ねてくるようになりました。
義妹は、病気を抱えながらも畑を借りて無農薬野菜を作ったりと、
私と違って、結構アクティブに生活を楽しんでいます。

昨日は、かぼちゃを収穫したのでと、持ってきてくれたのです。
義妹手作りの「きゅうりの粕漬け」「らっきょの蜂蜜酢漬け」も貰いました。
DSC01290.jpg

これがまた、すごく美味しくて
料理上手だということが分かりました。

自然に親しむような義妹ではないと思っていましたが、
(お金儲け一筋だと思っていたから^^;)
病気をしてから、ガラリと人生観が変わったらしい。

引き籠りがちの私に、
「次の収穫には一緒に畑に行きましょう」と誘われました^^

いつの間にか私を
「○○義姉さん」と呼ぶようになっていました。



★よかったらクリックお願いします。
更新の励みなっています^^。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
いつも読んで下さってありがとうございます。

スポンサーサイト

帰省します。

明日(もう今日)8年ぶりに郷里に帰ります。
私の故郷は四国の徳島です。
母は認知症を患い施設に入っているので、
もう実家はありません。
郷里の妹が母の面倒をずっとみてきました。
ちょっと前に妹から電話があり、
「母が私(妹)を見て、お姉ちゃんの名前を呼ぶのよ。
見舞う度に、私をお姉ちゃんと間違えて名前を呼ぶので、
一度 帰ってきて母に顔を見せてあげて」と言われました。

私は病気をしてから外出するのが億劫で、
帰らなきゃと思いつつも、なかなか実行できませんでした。
妹や妹の家族、特にお姑さんは母によくしてくれるそうです。
任せきりにしている私には、とても申し訳なく、そして有難く思っています。


帰省に当たって、我が家のネコの世話を夫に託していくのですが、
それも心配です^^;
「しんのすけと、はなは食事のメニューが違うので間違えないでネ」
「トイレは1日2回掃除をしてネ」
「しんのすけと、はなの水飲み場には新鮮な水を溢れるくらいに満たしてネ」
・・・と、アレコレ申し送り^^をしましたが、
夫は、どうも適当に聞いているようで・・大丈夫かな・・・。

ま・・3日間なので大丈夫だと思います^^
ピアノ練習もお休みです。

では、行ってきます。



★よかったらクリックお願いします。
更新の励みなっています^^。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
いつも読んで下さってありがとうございます。


この人・・昔から、そういうところがあるのよ。

夫が、膝が痛いと言う。
4年位前に整形外科で水抜きとヒアルロン酸注入をしてもらった夫である。
昨日、病院へ行った結果は、水が溜まっている訳ではなく
「老化ですね」と言われたそうだ。
筋肉をつけるべく膝の運動をするように言われたそうな。
夫は職業上(サービス業)ほぼ1日中、立ちっぱなしなので膝にくるらしい。
70才まで働いていただく予定なので、お膝は大事にしてほしいわ^^

病院で老化ですねって言われたにもかかわらず、
夫は老化を感じていないようです。
そして、何を思ったか「キミは老けたよね」と私に言うのよ。
「僕はちっとも老けないのに」って。

はああ~????

な、な、なんて自覚のないヤツなの、この人!
頭は真っ白だし、お腹周りはワンサイズもツーサイズもアップしてるくせに。
老眼は40代始めから始まっているし、
車の運転はブレーキが遅くなったし・・・あげたらキリがないわ。

この人・・昔から、そういうところがあるのよ。
自己肯定感が呆れるほど高くて、長年プータローをしていた頃も
自分は「ダメだ」なんて言葉は聞いたことがない。
(言わないだけかもしれないけど)
自己肯定感がいちじるしく低い私としては、ある意味羨ましい^^

「キミは老けたよね」の、言葉に私は反論出来ない。
たしかにその通りだから・・・と、なんでこんなところだけ私は素直なの?
「老ける」とか「ブス」とかの言葉は、私のウイークポイントだからなのよ^^;
素直に反応してしまう^^
昔、ずっと若い頃だけど、
市中を走るバスの車体に書かれた「BUS」というアルファベットにも、
なんて怨めしいのかしら・・なんて思ったこともあった^^(笑えるわね)

この夫の自覚の無さと言うか勘違いは
今のところ、誰にも(私以外は)迷惑が掛かってないので良しとしましょう。
だけど、膝だけはケアして下さいヨ。
70歳まで頑張ってもらわなくてはなりませんから^^


今日のお弁当。
DSC01070.jpg
鶏から揚げ、スパサラ、酢ごぼう、トマト。



★よかったらクリックお願いします。
更新の励みなっています^^。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
いつも読んで下さってありがとうございます。

再び、夫がギターのレッスンに通う事に。

〇〇ハのギター教室に通っていた夫ですが、
レッスン内容が、自分の望んでいるものとは違うと言って教室をやめてから1年。
ピアノ教室を探すのに苦労はないですけど、
ギター教室は数が少ないのか、なかなか見つからず・・でしたが、
ようやく探し当てようです^^
我が在所では見つけられず、お隣の○○市まで通うことに。

さて、どうかしら?続くかしら?

ギターって、音符が読めなくても弾けるんですね。
夫は音符が読めませんが、
ギターは毎日のように弾き、歌も歌っています。
「音符が読めない」旨を先生に話したら、
夫に合ったレッスンをしてくれるとの事だったようです。
(良かったね^^;)

私も音符が読めないけど、
ちなみに、夫の「音符が読めない」って、どの程度?と思ったので
夫に「ド」は何処?と、五線紙を見せて詰めよって^^みた。

信じられないけど、答えは「分からない」だった。
私は思わず「小学校の音楽の時間、何をしてたのさ」と言ってしまった。
夫にハ長調の音階を五線紙に書いて教えていたら、
「そんなの いちいち見ていたら弾けない」と言われてしまった^^

んだ^^その通りだ。
私も楽譜を見ながら弾けない^^;
(何百回も弾いて、暗譜しないと弾けないのよ)

音符が読めなくても楽器を操る人は沢山いるのよね。
お笑い芸人の、みやぞんさんは一度聴いた音楽を
ピアノやギターで直ぐに演奏できると言うじゃないですか。
(なんとも羨ましい^^)
と、いう事はベートーベンの「熱情」とか、リストの難しい曲なども
一度聴いただけで弾けるってことなのかしら\(◎o◎)/!
(羨ましいを通り越して恨めしい~~)

1ミリでも私にそんな才能があったら、
この老いらくのピアノライフは、もっと違ったものになったでしょうに。


今日のお弁当。
DSC01105.jpg
二色弁当、山芋煮、コロッケ(生協の冷凍品)、
ウインナー、ピーマン、トマト、ぶどう。

一昨日のお弁当。
DSC01089.jpg
焼ハム卵焼き巻き、鶏ムネ肉の南蛮漬け、ブロッコリー、トマト。



★よかったらクリックお願いします。
更新の励みなっています^^。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
いつも読んで下さってありがとうございます。


夫も齢をとった。若かりし頃の奇行^^

今日も暑い。
例年、午前中はエアコンを使用しなくても
窓を開け放せば、そう暑くはなく過ごせているのですが、
今年は ほぼ一日中エアコンを使用しています。

最近、「体が硬い。筋力の衰えを実感する・・・」
こんなつぶやきが増えた夫。

たしかに^^。

しかし・・衰えたのは筋力だけじゃないようだ。
めっきり、お酒の量も減った。
私は下戸なので、お酒の旨さや、
お酒を飲んで憂さを晴らすなどが出来ないので
ある意味<酒飲み>に比べると、損をしているような気がする^^。

そんなお酒の楽しみを存分に味わっていた若かりし頃の夫。
仕事が終わっても、まず真っ直ぐ家に帰ってくることはなかった^^。
(東京在住の頃の話。付き合いも多かった)
しかし、お酒は強くはなかった^^;

数々の夫の奇行を思い出す。懐かしい。
なかでも、忘れられないことがあります。

ある雨の夜のこと。
酔って帰宅してきた夫の、玄関に立つ姿を見ると、
傘をさしてはいるが、なぜか足は裸足。
朝、持って出たカバンの代わりに提げているのは靴。

「カバンはどうしたの?」と聞いても
「分からない・・・」
「なぜ、裸足なの?」と聞いても
「分からない・・・」

翌朝になっても記憶は戻らず^^
(と、夫は言い張ったが、多分記憶は戻ったはず^^)
一応、カバンの紛失届は出したけど、結局見つからなかった。
どこも怪我をしている様子はなかったので、
喧嘩などの事件性はないだろうと思って、そのままにしましたが
何があったのか、いまだにナゾです。

そんな夫も今では
週に1~2回、晩御飯時にビールを少し嗜む程度です。
夫も齢をとったわね・・・。

頂き物のウイスキーも埃を被ったままなので、
お菓子作りに使えないかしらと思って検索。
いろいろ使い道はあるわね。
ウイスキーボンボンとかブラウニーとか・・
挑戦してみたけど失敗^^
お菓子作り初心者には難しかった。

かろうじて食べられたのはコレ↓
DSC00474.jpg
ウイスキー入り生チョコ。
(固まりが弱くてキレイにカット出来なかった)

少しのお酒でも、飲むと頭が痛くなる私ですが、
お菓子に入れて食べれば、何ともないから不思議です。



★よかったらクリックお願いします。
更新の励みなっています^^。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
いつも読んで下さってありがとうございます。


プロフィール

sinnosuke55

Author:sinnosuke55
人生の慰めにと思って始めたピアノ。思いのほかハマってしまい家族(夫と猫)の迷惑を省みず練習に励む毎日。月2回ピアノ教室に通っています。
長崎県の片田舎に在住。

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ