レッスン記+花ちゃん+しんのすけ

先週の木曜日、レッスンでした。
レッスンと言っても発表会で弾く「ワルツ・イ短調」のみを弾くだけでした。

まだまだ必死で弾いているので
ちっともショパンらしい表現が出来ない。
先生がお手本を弾いてくれたのですけど、
私と同じ曲を弾いているとは思えないほど素敵に聴こえます。

まだ指が回らないところもあり
先週のレッスン後から、1日2時間の練習をしています。
暗譜も「ほぼ暗譜」の状態なのでキッチリと暗譜したいと思います。

とりあえず練習あるのみ^^v


さて、今日は花ちゃんの動物病院の日。
花ちゃんが通院するようになって約3ヵ月。
最初の頃、体重が2.5キロしかなかったのですが、
今日の計測では2.8キロに増えていました。
食は相変わらず細いのですが、少しずつ増えていくのが嬉しいです。
体重が増えるのが嬉しいなんて羨ましいよね・・と、
看護師さんたちと笑いました^^。

待合室では老犬を連れた20代前後の青年と隣り合わせました。
「3日置きに点滴に来ているのヨ」と言ったら
その青年「大変ですね」と言う。
その「大変」は、治療費が嵩み大変ね・・と、いう意味に受け取った私ですが、
青年の次の言葉は「自宅から病院まで遠いんですか?」だった・・・・・・^^;
この青年には、私がとても年寄りに見えたのだ。
キャリーバッグを抱えて通院するのは体力的に大変ね・・と言う意味だったのでした(涙)
(車だし・・ちっとも大変じゃないのに^^)

ま・・ね^^二十歳前後から見たら、60代以上は皆同じに見えるのでしょうね^^。
(私も大概老けて見えるから仕方ないのだけど^^;)

こんなふうに動物病院の待合室は、
アチコチで見知らぬ者同士の会話の花が咲いています。

あ、そうそう
花ちゃんばかりを気に掛けていたら
しんのすけが怪我をしていたことに気が付かず、
しんのすけの耳の辺りから変な匂いがし始めて初めて怪我に気付きました。
耳に小さな穴が開いていて、そこが化膿して匂っていたのでした。
しんのすけはちょっとの怪我くらいでは
食欲も落ちないし、意志表示もしないので分からないのよね・・・。
オス猫って、大雑把^^。
抗生物質と塗り薬で、もうすっかり穴も塞がって元通りになりました。


さて、きょうもピアノ練習がんばろう。


★よかったらポチッとお願いします。
更新の励みなっています^^。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
いつも読んで下さってありがとうございます。


スポンサーサイト

うちの猫ら(2)

今朝は雷がなり、ザンザン降りの雨でした。
この季節、雷の音を聞くと春が近いのかな・・と感じます。

連日、良くも悪くも世界の耳目を集めているトランプ氏。
TVカメラに向かって両の親指を立て、
ニヤリと笑うトランプ氏の顔を見るのはもううんざりです。
まだ始動したばかりのトランプ政権、
あまり騒がず成り行きを静観したらどうかしらって思うわ^^。
騒ぐと相手の思うつぼヨ・・・と、世界の片隅に生きる主婦は思うのでした^^。

さて、我が家のネコらの近況。
花ちゃんは、今も3日に一度点滴治療に通っています。
検査や療法食や何やかやで、年金生活の我が家は破産するかも知れません^^。


DSC07690.jpg
花ちゃん


DSC07691.jpg
写真で見るだけでは分かりませんが、


DSC07689.jpg
背中を触るとゴツゴツと背骨が痛いくらいです。


DSC07688.jpg
体重は2.6キロから2.7キロの間を増えたり減ったりしています。


花ちゃんが別宅(お隣りの家の納屋)から完全に引っ越して
もう3ヶ月くらいになるでしょうか。
そりが合わなかった先住猫のしんのすけとの関係に
少しずつ変化が出てきました。

体調不良の花ちゃん、気だけは強くて^^困りものでしたが
最近では、しんのすけに対して威嚇することは無くなりました。
遠巻きに花ちゃんを警戒していたしんのすけも
だんだん距離を縮め・・・今日、ふと振り返ってネコらを見ていたら・・・

目を合わせないようにしてますが、かなり接近中。
DSC07695.jpg

花ちゃんをチラ見するしんのすけ。
DSC07694.jpg

そして、おもむろに・・・
DSC07697.jpg

となりに座る。
DSC07700.jpg

しんのすけの腰がまだ引けてますが、並んで寝ることに成功。
DSC07701.jpg

凶暴だった花ちゃんの性格からすると、
こんな光景を見ることはないだろうと思っていましたが、
一緒に暮らすようになると、
それとなくお互いに危険な存在ではない事を理解しあうようです。



★よかったらポチッとお願いします。
更新の励みなっています^^。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
いつも読んで下さってありがとうございます。


しんのすけと花ちゃんのホームドクター

今日も花ちゃんの点滴治療の日でした。
コレといって書くことがないので、
花ちゃんの闘病日記みたいになっています。

前にも書いたと思いますが、
しんのすけと花ちゃんが通っている動物病院の先生は
ジャニーズ系のイケメン先生です。開業して10年くらいかしら。
トリミングも併設しているので
先生、看護師さん、トリマーさんも入れてスタッフは8人。
8人と言うのは、田舎にしては多い方ではないかと思います。

こんな田舎町にも動物病院が、ここ数年増えてきました。
人気の先生もいれば、開業3年くらいで閉院になったりと、病院も様々です。
人気の先生を観察していると(人づてに聞いたりなど)
動物が好きで好きで堪らないと言う先生は診察時の態度に出ます。
そこを飼い主は見逃しません。好感度がアップします。
そして診察時間が長い^^念入りに診察します。
そこも飼い主にとっては安心です。
この病院は新しいこともあって清潔でハイテクです。
料金は・・・少し高めです。これは痛いです。

花ちゃんは今日もネットに入れられ(凶暴だから^^)
顔にタオルを被せられ(視界を塞ぐため)
二人のかわいい看護師さんにガチッと拘束され、約10分間の点滴でした。

車での移動時には大人しく、鳴きもしません(腹が据わっています)
(ちなみに、しんのすけの場合、車に乗った時から降りるまで鳴いています)

家に帰ってきてホッとする花ちゃん。
DSC07624.jpg


動物病院の帰りに図書館に寄り、
年末年始に読む本を借りてきました。
DSC07626.jpg



★よかったらポチッとお願いします。
更新の励みなっています^^。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
いつも読んで下さってありがとうございます。


我が家の勢力図

今日も花ちゃんの点滴治療の日。
今日は、血液検査もしてもらいました。
BUN(よく分からないけど毒素の値らしい)が72.1に減っていました。
以前は99,3ありました。(正常値上限は30)

相変わらず食は細くて、1日にティースプーン3杯くらしか食べません。
それも何でも食べてくれないので、アレやコレやと試しています。
それでも体重は維持しているので点滴のお蔭かなと思っています。

ネットで検索してみると、
ネコの腎不全は老猫のほとんどがかかる不治の病。
人間でも腎臓は、悪くなると治ることはないそうです。
ネコも同じなんですね・・・。
容態の悪いネコちゃんは、BUNの値が200を越えるらしいので
それに比べたら花ちゃんは、まだ元気なほうです。

天気の良い日は、外に行きたがります。
心配で外に出したくなかったのですけど、
もともと お外の仔なので家に閉じ込めるとストレスになります。
と、動物病院の先生も仰るので、花ちゃんの好きにさせてあげることにしました。

とても凶暴だった花ちゃんですが、
すっかり私に心を許したみたいです^^頭を撫でても嫌がりませんし、
抱っこしても「むっ」とした顔はしますけど、暴れたりしなくなりました。
夫が言うには「花ちゃんはキミの姿を目で追っている」らしい。
私の味方がまた一人(猫)増えたことになる。
我が家の勢力図は『しんのすけと花ちゃんと私』対『夫』と、なったもよう^^

私の膝(と言うか太腿)で寝る花ちゃん。
DSC07610.jpg



★よかったらポチッとお願いします。
更新の励みなっています^^。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
いつも読んで下さってありがとうございます。


今日は花ちゃんの病院の日

今夜はこの冬一番の冷え込みです。気温3℃。
ストーブを点けているのにキーボードを打つ指が冷たい。
この先のピアノ練習は、末端冷え性の私には辛い季節。

さて、今日は花ちゃんの病院の日。
実は、花ちゃんは病気なんです。
老猫になると、かかる病気 腎不全です。
これは治ることはないので、処置は延命治療ということになります。
花ちゃんは、かなり悪くなっていて
食事は療法食などよりも、好んで食べるものをあげてください。
と、先生に言われています。

普段はご飯もよく食べるし、結構元気なのですが、
病院で点滴をして家に帰ってくると、
ぐたっとして、いつも不機嫌顔の花ちゃんですが、
益々不機嫌になります。一時的に御飯も食べなくなります。


数ヶ月前だったと思います。
お隣の飼い主の娘さん(亡くなった老夫婦の)が
空き家になったお隣の家の風通しに来ました(数ヶ月に1回来ています)
その時、「花ちゃんが痩せてきているので病院へ連れて行こうと思うのですけど」と
一応お伺いを立てたところ、
「そのままにしておいて下さい」と言われました。
これは無理もない話です。
ペットは、一緒に暮らしていないと家族とは思えないものですから。

結局、そのままにしておけず病院にかかりました。
我が家で飼うようになったのは、そんな経緯からです。

ネコ好きの友人が、
やはり飼いネコが腎不全で、治らないと分かっていても、
虹の橋へ旅立つその日まで毎日、検査と点滴に通って
40万くらいかかったと言っていました。

私は・・どこまでやってあげられるか分かりません。
動物病院の先生が言うには、
「1週間に1~2回、点滴に通って下さい。」
「あくまでも延命治療ですから・・」と言います。

「ネコに大袈裟はない」と言うほど
痛がらないし、苦しがらない動物だそうです。
それだけに病気の発見が遅れたりします。

もう少し、早く気付いていたら・・と、悔やんでいます。


★よかったらポチッとお願いします。
更新の励みなっています^^。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
いつも読んで下さってありがとうございます。


プロフィール

sinnosuke55

Author:sinnosuke55
人生の慰めにと思って始めたピアノ。思いのほかハマってしまい家族(夫と猫)の迷惑を省みず練習に励む毎日。月2回ピアノ教室に通っています。
長崎県の片田舎に在住。

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

フリーエリア

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ