FC2ブログ

ダラダラ続けて1000記事。

少し寒さも和らいで来たかしら。
とは言ってもねぇ・・雪の多い地域は大変ですよね。


2011年からダラダラと続けている拙ブログ、
今日のこの記事で1000記事目です。
6年半の間、マメに更新した日もあれば何ヶ月も休んだり・・と
何とも気まぐれな、私らしいスタンス^^;
これと言って内容の無い拙ブログ。
日々の憂さやピアノの下手さ加減を綴ってきましたが、
ピアノも生活も、頑張らない事が長続きのコツだと
最近は思うようになりました。

頑張っても一生。頑張らなくても一生。
ならば、頑張らない方の道を歩みたい。
う~~ん・・賛同してもらえないわね^^きっと。
でも・・頑張っている人を応援する側に回りたいの。
頑張る人って天性だもの。
頑張らない人も天性^^いろんな人がいて世界は成り立っているから。

この先も、きっとこんな感じ^^;
どこまで続くか分からないけど、
あまり遠くに目標を定めず、ホンの少し先に照準を合わせて
ゆるりゆるり・・と参ります。



★よかったらクリックお願いします。
更新の励みなっています^^。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
いつも読んで下さってありがとうございます。

スポンサーサイト

秘密は暴き難く、また守り難し。

秘密は暴き難く、また守り難し。
コレはアメリカドラマの中のセリフ^^。

毎日が暇なので昔のDVDを見直しているの^^
(ピアノ練習はそっちのけで・・・^^;)
いつも言っていますが、
何回観ても記憶に残っていなくて^^何度も楽しめるの^^。
喜んで良いのか悲しむべきなのか・・・複雑ですわ。


世の中に秘密なんてゴロゴロあるわよね^^
夫婦間だって、友人同士だって、企業だって、政治だって
ほんの些細な事から、とてつもない大きな秘密まで
知られたくないこと、暴かれたくないこと、実に沢山あると思うわ。

誰にでも秘密はあるもの。
私のようなその辺の主婦の秘密には、誰も興味を示す人はいないし、
暴かれたところで「それが何か?」ってもんだけど、
権力者や為政者たちの秘密はそうはいかないものよね。
スキャンダルで議員辞職する人もいるし、
中には政権を揺るがす秘密だってあるもの。

暴こうとする側、守ろうとする側、
どちらも鉄壁はない。
どこからか秘密は漏れるもの。

それに、どんなに隠しても
秘密を持つ自身の心は欺く事はできないはず。
私などは気が小さくて、隠し事をすることが耐えられない。
なので、すぐに自白^^してしまいます。
そしたら気が楽になります。

こんなふうに直ぐ自白してしまうようなヤツは
政治家や官僚にはなれないよね。
「ある」を「ない」と平気の顔で言わなくてはならないから。

真実はひとつ。(←どこかで聞いたセリフ^^)
命終して旅立つ時、地獄だか天国だかの門番に
平気の顔で「ない」と言えるかしら?



★よかったらポチッとお願いします。
更新の励みなっています^^。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
いつも読んで下さってありがとうございます。


幸せな老婦人たち。

先日、友人たちと語った時のこと。
「ねぇ、戦争なんて起きないよね・・」と話題に上りました。
「絶対、起きないよ」と楽観する友人もいれば、
「隣人が〇〇〇〇に刃物を持っている状態よ、
いつ我が家に襲い掛かってくるか分からないわよ」と言う友人も。

だよね・・・。

今日の県内のTVニュースでは
佐世保の住民にミサイルが飛んできた時の対処法を伝えていた。
いつも「佐世保から米軍出て行け」と、騒いでいる人達も今は黙っている。
自分達で自分の国を守れない事が分かっているからだ。

俄かに戦争の話題が巷にあふれるなんて・・信じられないことだわ。
昨年まではずっと「平和な日本」が続くと思っていたのに。
欧州ではアチコチでテロが多発しているし、何だか世界は危うい状態。
そんな「危うさ」がすぐそこにあるのに
何故か私は他人事のように感じてしまう。
これって、よく言われる「平和ボケ」なのかしら。

ある友人は「ドーンと一気に(自分が)逝っちゃうなら、それも良し」と言ってた。
たしかに老い先短い自分の事だけ考えれば、私もそれでいいと思うけど、
この先の未来に生きる若者たちはどうなるのよ。

何かね・・・こんな話題にも関わらず、
飲んだり(お茶)食べたり、笑ったり、友人たちとのお喋りは緊迫感ゼロ。
やっぱり他人事なのよね。みんなボケちゃってる^^;
こんな幸せな老婦人たちが出来上がったのは
日本が平和だったからよね。

この先も幸せな老婦人のままでいられますように^^。




★よかったらポチッとお願いします。
更新の励みなっています^^。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
いつも読んで下さってありがとうございます。


年寄りは、知恵は多いが価値は少ない。

日頃TVを見ない私ですが、
先日の月曜に十数年ぶりにSMAPxSMAPを見ました。
ビックリ~~みんな、立派はおじさんになっていました。
ジャニーズ事務所で名前と顔が一致するのはSMAPとフォーリーブス(古っ)だけ。
嵐もV6も誰が誰だか分かりません。
一番変わっていたのはキムタクさんですね。
イケメンではなくなっていました。顔、どうかしちゃったのかしら・・。


さてさて、話はガラリと変わって、
先日、友人たちと弁当持ち寄りランチをしました。
いつも話題は老後の生活や、それぞれの働き者の夫自慢?になります。
みんな円満な家庭なのね^^;うちだけ・・家庭内別居^^
これは長い習慣だから仲が悪いとかではないのよ。(良くもないけど^^)

夫には長生きしてほしいと言う、友人たち。
でも、もし自分自身が病気とか事故とかで回復の見込みがないなら
延命治療はして欲しくないと言う。私も同感。

世の中の高齢者の7割は自分の延命治療を望んでいないらしい。

私も含め、友人たちの姑や実母は延命治療を受けています。
自分の延命措置の拒否は望むけど、
姑や実母の延命治療の拒否は出来ないのが現実。
やっぱり1日でも長く生きて欲しいと思うものなのね。

私は冷血漢なのか、長く生きて欲しいと思えない。
意識のない姑が生命維持装置に繋がれて、
辛い治療を受けさせられているのは尊厳が奪われているように思えてならない。
でも、もしかしたら生きているのは姑の強い生命力なのであって
私が、尊厳うんぬんを言うのは余計なお世話なのかも知れない。


「年寄りは、知恵は多いが価値は少ない」
これは映画だったか、小説の中だったかの言葉です。
いずれ行く身としては、そうなのか・・と思いました。
いつか価値の少ない存在となっていくのね。
今でも さほど価値があるとは思えない自分ですけど。

ああ、また話が暗くなってしまいまいた。
雨が降っているせいね・・・。
(じゃなくて、性格だろ^^)


★よかったらポチッとお願いします。
更新の励みなっています^^。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
いつも読んで下さってありがとうございます。

「私も今来たところよ」

先日、友人たちとの待ち合わせ時間に数分遅れた。
「ごめん、遅れちゃって」と謝ると、
「私たちも今来たところだから、気にしないで」と。

後で、知った事だけど、
15分くらい前に来ていたらしい。
もし、私が待たされた立場だったら「遅刻よ!」って
相手にチクチク言ったかも^^。

私は時間に対しては、特に待ち合わせの時間などに
結構 厳しかったと思う。心の病気をするまでは。
時間を守れない人は、約束も守れない・・と、頑なに思っていた。
短かったけど会社員時代には、遅刻は一度もない。

友達との待ち合わせに、待つのは10分が限度。
それ以上は待たない。さっさと引き上げた^^。
それが災いして友達が少ないのかも^^;

時間だけは^^守ろうと自分に課していたのだけど、
そうすると、時間に振り回されるのよね。
他人にも厳しくなるし^^;
つまるところ、時間をコントロールしているつもりが
振り回されていたって事に、心の病気をしてから気付いたのでした。

今でも、待たされるのは 好きではないけど、
待たすことは^^出来るようになった。
昔は、待たせるなんて この世の終わりのように思っていたから(異常?^^)
「時」は、大切なもの。
相手の大切な「時間」を自分のせいで奪っちゃいけない。
そんなふうに思っていたんだわね・・・若かったわ^^;


遅刻して、恐縮する相手に「私も今来たところよ」って、
気遣いながら言える人になりたいわ。



★よかったらポチッとお願いします。
更新の励みなっています^^。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ初心者へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
いつも読んで下さってありがとうございます。


プロフィール

sinnosuke55

Author:sinnosuke55
人生の慰めにと思って始めたピアノ。思いのほかハマってしまい家族(夫と猫)の迷惑を省みず練習に励む毎日。月2回ピアノ教室に通っています。
長崎県の片田舎に在住。

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カウンター

*******

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ